チイキーズTOP > 勝おす!! > 2014年7月アーカイブ

勝おす!!

勝おす!!TOP

2014年7月 アーカイブ


2014年7月22日

そばはなの「ざる」

ジメジメの湿気にうんざりしたので、さっぱりランチを求めて一ノ関駅前の「そばはな」さんにお邪魔しました。 (ちょっと蘊蓄:「いちのせき」は市の名前の時は「一関」表記で、駅名は「一ノ関」表記という紛らわしい区別があります。)
香りの良い打ち立てそばはシンプルに味わいたいと思いつつも、「もり」じゃなくて「ざる」を頼んでしまうところが通じゃない証し。

そばはなの「ざる」

運ばれて来たのは海苔の載ったそばと濃いめの汁と香の物と、ネギ・天かす・ワサビの薬味3種類。自らそば通と称する友人は「海苔は香りが強いからそばの風味を損なう」と主張しますが、海苔をはじめとした海藻類が大好きなきっこは、やっぱりそばにも海苔は欠かせません。

そばはなの「ざる」

まずはそばにワサビを少々載せて、汁をちょっとだけつけてズルズルと頂きます。鼻に抜けるワサビの刺激が食欲を刺激してくれるので、あとは薬味を少しずつ変えながら、一気に頂きます。冷たい水で締められたツルッとした喉越し、口の中に広がるそばの香り、汁のうま味と仄かに残る甘味。冷たいそばでジメジメなんか素っ飛ばしちゃったかもと思いながら、今日も美味しく頂きました。

(きっこ)

2014年7月 7日

菓子処おざわの古代米クッキー「岩手」

今回の勝おすは、程よく和洋折衷の古代米のクッキーをピックアップさせて頂きます。

一関市花泉町は古代米で町おこしをしている地域で、古代米のお酒や甘酒、大福やパンなどの食品から天然の色をいかした装飾用の稲穂まで、さまざまな商品が作られています。

その中からきっこが勝手におすすめするのは、古代米とメープルシュガーという和と洋を組合わせたクッキー「岩手」です。

菓子処おざわの古代米クッキー「岩手」

パッケージには県名の由来とされている「鬼の手形のついた岩」と可愛げのある「小鬼()」が民話的に描かれていて、夕焼けのような背景と相俟ってちょっとホッコリしたムードを醸し出しています。

丸くてやや厚みのあるクッキーは、古代米のおかげかしっとり柔らかくて、口の中で解けていくような食感。表面がツヤツヤした仕上がりなのは卵の力でしょうか・・・舌触りもツルッとしていて食感のアクセントになっています。

菓子処おざわの古代米クッキー「岩手」

メープルシュガーの優しい甘さとバターの香り、クランチナッツの香ばしさ。クッキーの見た目は正直地味ですが、この優しい美味しさに惹かれて、見かけるとつい買ってしまうくらい魅力のあるクッキーです。

(きっこ)

1