チイキーズTOP > 勝おす!! > 2016年4月アーカイブ

勝おす!!

勝おす!!TOP

2016年4月 アーカイブ


2016年4月25日

道の駅みずさわ レストラン フロールの「牛丼セット」

道の駅みずさわの2階にあるレストランフロールさんで、奥州牛100%の牛丼をいただきました。

大きな窓に面したカウンター席で、北上川の流れを見下ろしながら待っていると、熱々の味噌汁が添えられた牛丼が運ばれてきました。トレイが目の前に置かれた途端、ザ・牛丼!という香りが鼻に飛び込んできて、くいしんぼうのきっこは口の中に唾がギュッとあふれ出てしまいました。

道の駅みずさわ レストラン フロールの「牛丼セット」

はやる気持ちを抑えつつ、まずはわかめの味噌汁を一口頂いてから牛丼をパクリ。控えめな味付けながら、しっかりと煮込まれた牛肉ととろけそうな玉ねぎ、その旨いツユを吸い込んだごはんのハーモニーは言わずもがなの美味しさで、食べ始めたらノンストップで食べきってしまう最強の丼物だと思いました。

道の駅みずさわ レストラン フロールの「牛丼セット」

そうそう、ちょこんと添えられた紅生姜も、彩りだけでなく、味のアクセントになっていて「いい仕事」をしています。こういうちょっとした付け合わせも、味のバランスには大切だなぁとあらためて感じつつ、あっという間に完食です。

甘みが強いのにさっぱりした味わいが特徴の「いわて奥州牛」を、玉ねぎと一緒に甘辛い醤油味に仕上げた、レストランフロールの牛丼は、シンプルだけど染みる味わいで、1度食べたら2度3度と食べたくなる逸品でした。

(きっこ)

2016年4月11日

お菓子の館 マロンの「俺ほの小豆畑」

来客予定があったので、お茶請けのお菓子を買いにマロンさんへ。色々な焼き菓子の中から、今回は「この地方で取れた小豆を使用しました」と書いてある「俺(おら)ほの小豆畑」をチョイス。

原材料からすると洋風の焼き菓子のようだったので、小豆がどう使われていて、どんなバランスになっているのか、興味津々です。

お客様にお出しする前に、お味見と称して一足先に食べてみようと思います。

お菓子の館 マロンの「俺ほの小豆畑」

和紙風の包みを開けてみると、小豆色のスポンジケーキのような生地に小豆の粒が見えます。生地はフワフワで、見た目よりもずっと軽い感じです。

食べてみると、口の中でふんわり溶けるし、飲み込んだ時に上品な甘さと小豆の香りが、いい感じに広がっていきます。

小豆もふっくらと炊き上げてあり、餡子とも甘納豆とも違った美味しさがあります。小豆ってこんなに透明感のある味になるんだという、新鮮な驚きがありました。

お菓子の館 マロンの「俺ほの小豆畑」

中身も見ずにほぼ直感でチョイスしたのですが、これならお客さんに胸を張ってお勧めできます。きっこ自身もとても気に入ったので、これからは来客用だけじゃなく、自分用としても買いにいっちゃいそうだなあと思っているきっこでした。

(きっこ)

1