チイキーズTOP > 勝おす!! > 2017年3月アーカイブ

勝おす!!

勝おす!!TOP

2017年3月 アーカイブ


2017年3月27日

まんまるや の「ぜんぶセット」

古民家カフェがオープンしたと聞いて、友人を誘って早速ランチに出かけました。場所は一関でも一番の南側で、すぐそこは、もう宮城県という所です。奥まった駐車場に車を駐めたら、お店のすぐ裏手に東北本線の線路が見えていました。

入り口に掛かる橙色の暖簾には、ちんまり座った猫が白抜きで描かれています。その暖簾をくぐり、ガラスの嵌った木の引き戸を開けて入った空間は、天井が高くて素朴なんだけど暖かい雰囲気です。南側には大きなガラス窓が並んでいて、駐車場から見えた線路を走り抜けていく列車(貨物車が多い)が見えます。

まんまるや の「ぜんぶセット」

食事メニューは4種類のメインから1つを選ぶスタイルだったので、旬のホタルイカを使ったかき揚げをチョイス。かき揚げはもちろんサクサクで美味。味噌汁もご飯もしっかりおいしいし、小鉢の1つ1つが素材のおいしさに気付かされる仕上がりで、「丁寧なごはん」って幸せを感じるんだなぁと実感。 デザートも和風の甘味がいろいろあって、とっても魅力的だと思っていたら、「ぜんぶセット」というお得なセットがあるとのこと。それは、もう、頼むに決まってるでしょと、テンション高めでオーダー。きっこがお願いしたのは黒蜜のくずきり。

まんまるや の「ぜんぶセット」

ツルンとした喉越しで、食後でも何の苦もなく完食できるし、黒糖の風味と甘みは満足感を与えてくれます。

ちょっと食べすぎかなとも思いましたが、居心地も良くて、ゆっくりとおしゃべりも楽しめたので、大満足のランチタイムになりました。

(きっこ)

2017年3月13日

きんいろパン屋の「弁慶のわらじ」

毛越寺門前直売 あやめの中にある「きんいろパン屋」さん。「平泉きんいろあんぱん」が有名ですが、他にもいろいろ個性的な創作パンが揃っています。中でもきっこが『やられた?!』と思ったのが、今日、勝手におすすめする「弁慶のわらじパン」です。

弁慶のわらじ

長さが20cm以上ありそうな、わらじを象った薄型の白いパンです。生地はもっちりとしてヒキがある感じです。そして一番の特徴はその中身。白い生地の中には1cm角位のチーズと大根の漬物がゴロゴロと入っているのです。

パンに漬物!?と思う方が多いと思いますが、これが面白いことにナイスマッチなんです。むしろ、チーズと漬物の塩気が、パン生地の味を引き立てているので、普段あまり意識しない小麦の風味まで感じられる味わいです。

加えて、漬け物のパリパリという食感がアクセントになり、食べているうちに楽しい気分になってきます。

また、鼻緒の部分は黒ゴマの入った生地になっていて、こちらもシンプルながら生地の風味がしっかり味わえます。

食べている途中で、ふと思いついて、残りをレンジで軽く温めてみたら、生地はふんわり感が増し、チーズも柔らかくなって一層美味しくなりました。

あ、そうそう、このパンに使われている大根の漬け物は、同じ毛越寺門前直売 あやめの中にある「漬け物処きらり」さんの「大根の醤油漬」だそうです。

(きっこ)

1