チイキーズTOP > 勝おす!! > 2017年10月アーカイブ

勝おす!!

勝おす!!TOP

2017年10月 アーカイブ


2017年10月23日

お食事処 さくら の「八斗(はっと)御膳」

肌寒い日は美味しい「はっと」が食べたいなという母のリクエストで、平泉のさくらさんに出かけました。こちらのおかみさんは八斗御膳で岩手県の食の匠に認定されていて、ツルンとした食感の美味しい「はっと」を食べさせてくれると評判です。

八斗御膳は汁八斗、じゅうねん(エゴマ)八斗、しょうが八斗の3種類の「はっと」と漬物とところてんがセットになっています。

お食事処 さくら の「八斗御膳」

じゅうねん八斗は、長い時間摺って仕上げたというじゅうねんの滑らかなタレが美味しい一皿。しょうが八斗はしょうがの香りと刺激が食欲をそそる醤油風味の1皿。この2つは煮あげ八斗といわれるもので、あらかじめ茹で上げた八斗を、タレにからめてあります。

そしてメインの汁八斗は野菜たっぷりの汁に、ちぎりながら八斗を投入して煮込むので、汁にとろみがあるのが特徴です。

八斗の美味しさは味付けだけでなく、薄く伸ばされた八斗自体の食感にもあります。

お食事処 さくら の「八斗御膳」

さくらさんの八斗は薄くてフワッとしているのに、煮崩れせずに歯ごたえもあり、喉越しはツルンとしているという、まさに理想的な八斗でした。

野菜の旨味がしっかり引き出された汁八斗も2種類の煮あげ八斗も美味しくて、さすが匠の手技だねぇと言いながら、色どりのきれいな漬物もところてんも完食し、満足して帰宅した食いしん坊一家でした。

(きっこ)

2017年10月10日

菊千の「ピーマン糀味噌」

この連休に開催されていた一関市の商工祭で、前から食べてみたいと思っていた、菊千さんのピーマン糀味噌をゲットしました。 ピーマン糀味噌というのは、ご存知の方も多いと思いますが、ピーマンを使ったご飯の友で、岩手の郷土料理です。
味噌という名前が付いていますが、主な材料はピーマンと米麹と醤油と砂糖で、味噌は使っていないんだそうです。 菊千さんのピーマン糀味噌は辛さが3段階あったので、きっこは真ん中の「ピリ辛」を選びました。

菊千の「ピーマン糀味噌」

きっこの中では、早春のばっけ味噌、初秋のピーマン味噌は2大ご飯の友で、すぐにでも白飯にのせて食べたいところですが、今日は「見栄え」を考えて、冷奴にトッピングしてみました。つぶつぶした感じは金山寺味噌のようでもありますが、お味は、しっかりした旨みにほど良いしょっぱさとピリっとした辛味がプラスされていて、ちょっぴり甘味もあって、あと引く美味しさです。

菊千の「ピーマン糀味噌」

今回のように、直接トッピングするだけでなく、炒め物に調味料として加えたり、目玉焼きにかけたり、おにぎりの具にしたりと、かなり応用の効く常備菜でもあります。写真の冷奴はアッという間に食べ終えて、その後、熱々のご飯に直接乗せて、パクパクいただきました。結果、歯止めがきかなくなって食べ過ぎてしまったきっこでした。

(きっこ)

1