チイキーズTOP > 勝おす!! > おやつアーカイブ

勝おす!!

勝おす!!TOP

おやつ アーカイブ


2018年4月23日

大船渡市 三陸菓匠さいとう総本店 かもめテラス の「ガガニコ」

大船渡の友人が手土産持参で遊びに来てくれました。これまでお土産といえば、決まって「かもめの玉子」だったのですが、今回はちょっと違いました。同じ菓匠さいとうさんで販売している「ガガニコ」という焼き菓子、最近これにハマっているんだそうです。

ガガニコ

ガガニコというのは「権現様」を表す大船渡の方言で、火防疫病除けのご利益があると昔から信仰されている神様なんだそうです。パッケージの絵は獅子舞の頭みたいだねといったら、岩手では獅子頭を権現様と呼ぶんだよと...そ、そうなんだ、恥ずかしながら初めて知りました。教えてもらって感謝です。

ガガニコ

袋を開けたら、なんと、中の焼き菓子自体もガガニコでした。睨んでいるようでもありますが、ちょっとユーモラスな表情にも思えます。ズッシリと重量感のあるお菓子で、中がどうなっているか気になったので、半分に切ってみました。

ガガニコ

バターの香りがする洋風のシットリした生地の中に白餡が入っています。真ん中にも何か入っているみたいなので、そこだけ食べてみたら、ちょっと甘酸っぱい感じです。多分、杏ジャムかな。

和洋折衷なんだけど、なんだか懐かしい感じもするこの味わいは、確かにクセになりそうで、友人がハマってしまったワケがわかる気がしました。きっこもハマってしまいそうです。

(きっこ)


◆店舗情報 三陸菓匠さいとう総本店 かもめテラス
岩手県大船渡市大船渡町字茶屋前38-1


2018年2月13日

一関市 松栄堂の「バレンタイン上生菓子」

チョコレートを使ったバレンタインデー向けの和菓子が出ていたよとのLINEが、食いしん坊仲間から届きました。和菓子でチョコレートっていうと、チョコ饅頭くらいしか思いつかないんですが...情報では和菓子、しかも上生菓子らしいと。ちょっと想像できなかったので、百聞は一見に如かずと、松栄堂さんの総本店に行ってみたら、本当にありました。バレンタイン上生菓子と書いてあり、1つ1つ透明なパックに入って、ショーケースの中に並んでいました。

松栄堂の「バレンタイン上生菓子」

左のバラの花は「マイスイート」という名前で、外側がピンクの練切で、中にはチョコレート餡が入っているそうです。右の四角い方が「しょこら」で、小豆の羊羹にチョコレートを練り込んであるそうです。説明書きを見ても、まだ、味の想像ができませんねぇ。

まずは、ちょっと切って断面を見てみましょうか...こんな感じです。

松栄堂の「バレンタイン上生菓子」

「マイスイート」はチョコのフレバーが入ったことで、練切と餡の甘さが丸く優しくなった感じです。普通の練切よりさっぱりした感じでとても食べやすい味でした。

「しょこら」はパックを開けた瞬間に、チョコレートの香りがパッと広がって、とっても華やか。食感は水羊羹のような柔らかさで、小豆とチョコレート、両方の味が調和して、何だか不思議、でもとても美味しい。これ、気に入りました。これなら、バレンタイン関係なく食べたいなと思ったきっこでした。

(きっこ)


◆店舗情報 菓匠 松栄堂 総本店
岩手県一関市地主町3-36


2018年1月29日

奥州市 産直 来夢くんの「ライ夢くんがカステラ焼」

産直 来夢くんに野菜を買いに行ったのですが、イメージキャラクターの「ライ夢くん」をかたどったカステラ焼を見つけてしまいました。フワッとした生地にクリームなどを入れて焼いた、人形焼タイプのお菓子です。この「ライ夢くん」は身長が8cm位で、普通のおまんじゅうくらいのボリュームがありそうです。

ちょっとヘビーかなぁと思ったのですが、三角帽子をかぶった「ライ夢くん」のことを、以前から「めんこい」と思っていたので、目が離せなくなり「あんこ」と「レアチーズ」を購入して帰りました。

産直 来夢くんの「ライ夢くんがカステラ焼」

生地には衣川産の米粉を使っているとかで、フワフワなのにしっとりしていて、優しい甘さも感じられる美味しい「皮」に焼きあがっています。中身もたっぷり入っていて、端っこの方を食べてもちゃんとクリークやあんこが出てきます。

レアチーズは、濃厚なクリームの中にある、ほんの少しの酸味が甘さを引き締めている感じで、パクパクいけちゃう食べやすさでした。あんこの方は、甘さ控えめな粒あんがたっぷり入っていて、皮の味とのバランスも良く、食べ応えがありました。

産直 来夢くんの「ライ夢くんがカステラ焼」

中のクリームは5種類で、今回購入した「あんこ」と「レアチーズ」のほかに「カスタード」と「チョコ」と「キャラメル」があったので、次は違うフレーバーも楽しみたいなぁと思っています。

(きっこ)


◆店舗情報  産直 来夢くん 直売棟
岩手県奥州市水沢区真城字杉の下51


2017年11月20日

一関市 松栄堂の「月(るな)」と「延年の月」

イオン一関店で買い物をした後に、松栄堂さんの前を通りかかったら、キラキラ光るものが目に飛び込んできました。キラキラに目がないきっこは、つい惹き寄せられてしまい...

キラキラの正体は「月」と書いて「るな」と読む洋風の焼き菓子で、隣には色違いの「延年の月」が並んでいました(こちらは「るな」ではなく「つき」と読むようです)。

どんなお菓子なのか気になってしかたないので、まずは味見しなくちゃねと自分に言い聞かせて2種類とも買って帰りました。

松栄堂の「月(るな)」と「延年の月」

「月」の方は丸型のレーズンサンドという感じですが、県産の小麦粉と米粉を使ったヘルシーなサブレが特徴なんですって。なるほどね、米粉のおかげでしょうか、サブレがしっとりしていて口どけが良く、ホワイトチョコとレーズンの入ったクリームとのバランスもいい感じです。

「延年の月」はサブレ生地に県産の小麦と黒米の粉を使い、クリームには地元産のブルーベリーを使っているんですって。こちらもサブレはしっとりですが、穀物っぽい風味があって、ちょっと個性的です。このサブレに酸味の効いたブルーベリーのクリームがとても良く合っていて、力強ささえ感じるような味わいです。

松栄堂の「月(るな)」と「延年の月」

どちらもおしゃれなパッケージだし、県産の素材を生かしたおいしいお菓子なので、手土産や贈り物にしたら、先方に喜んでもらえそうだなと思いました。

(きっこ)


◆店舗情報 菓匠 松栄堂 イオン一関店
岩手県一関市山目泥田89-1 イオン一関内


2017年5月22日

奥州市 フルールきくや 大鐘店の「銘菓 三代杉」

水沢公園の近くまで出かけたので、帰りにフルールきくやさんの大鐘店に寄って、看板商品の「銘菓 三代杉」を買いました。

パッケージには、墨絵風の金色堂が描かれていて、なんだか高級な和菓子って感じがしますが、中身は洋菓子です。

世界遺産・平泉の中尊寺の本堂脇にある、根っこの繋がった3本の大杉と、藤原三代とをかけて名付けたというこのお菓子。初めて食べた時の「とっても贅沢だ!」という印象があるせいか、きっこにとっては、ちょっと特別感のあるお菓子です。

フルールきくや 大鐘店の「銘菓 三代杉」

どこが「贅沢だ」と思ったかというと、一度にクッキーとバームクーヘンとチョコガナッシュが味わえちゃうってところです。

丁寧に焼き上げられたバームクーヘンの真ん中に濃厚なチョコガナッシュがたっぷり入っていて、それを上下から薄焼きのクッキーでサンドしてあります。

フルールきくや 大鐘店の「銘菓 三代杉」

しっとりソフトなクッキーとバームクーヘンとチョコガナッシュ、それぞれ食べても美味しいけれど、一緒に食べた時の食感の楽しさと美味しさは、他にはない唯一無二の味わいです。昔から変わらないし、他にはないこの味を、今回もしっかり堪能して、満足感に包まれているきっこでした。

(きっこ)


◆店舗情報 フルールきくや 大鐘店
岩手県奥州市水沢区南大鐘1-72


1   2   3   4   5   6