チイキーズTOP > 勝おす!

勝おす!!

一関市 ランチ&カフェ 自休自足の「クロワッサン」

クロワッサンサンドが食べたいと急に思い立ちまして、焼きたてのクロワッサンを求めて自休自足さんへ・・・ありました、お目当てのクロワッサン。

自休自足さんのクロワッサンは、ごく平均的なパン屋さんのモノより、ちょっと大きめなので、サンドイッチ向きだときっこは思っています。今日はプレーンとダブルチーズを買って帰ることにしました。

ランチ&カフェ 自休自足の「クロワッサン」

1つ1つオシャレな透明袋に入っているのですが、袋が光を反射しまくって写真がうまく撮れません。諦めて袋から出したらバターの香りがフワーッと広がって、うっとりしてしまいました。

ダブルチーズはそのまま頂くので、断面だけお見せしますね。内側の空間を、たっぷりのチーズが覆っているのがわかります。

プレーンはサイドからナイフを入れて、レタスとごぼうサラダを挟んで、準備完了。このまま両手で持って、かぶりつきます。

ランチ&カフェ 自休自足の「クロワッサン」

牛乳たっぷりのカフェオレとクロワッサンのサクサク食感とバターの香りが揃って、満足度の高いランチになりました。

最後にちょっとウンチク。フランスでクロワッサンと言ったら通じなかったという話を聞きました。で、ちょっと調べたら、綴りはcroissantで、フランスでは「クワッソーン」という感じの発音、英語では同じ綴りで「クレサーンッ」のような発音になるんだそうです。ちょっとびっくりでした。

(きっこ)


◆店舗情報 ランチ&カフェ 自休自足
岩手県一関市樋渡25-1 一印一関青果卸売市場駐車場内


奥州市 NAVONAの「カレードリア」

奥州市のまちなか交流館でオープンスタイルのイタリアンカフェとして営業していた時、よくランチでお世話になっていたNAVONAさんが、移転オープンした一軒家のお店。なかなかお邪魔できなかったのですが、やっと行くことができました。

ベージュの壁に赤い窓枠が印象的な、おしゃれかわいい外観のお店で、平日の12時前に入店したのですが、既に、お子様連れを含む数組のお客様が食事を召し上がっていらっしゃいました。

お邪魔したのは肌寒い日だったので、ランチメニューの中から、温まりそうなカレードリアのセットを注文。

NAVONAの「カレードリア」

赤と白のポップな食器に盛り付けられた、チーズたっぷりでアツアツのカレードリア。テーブルに置かれた瞬間に、スパイシーな香りがフワっと広がって、食欲を刺激します。

カレーはしっかり煮込まれたビーフカレーで、トロットロのチーズとの相性もバッチリ!最後の一口まで美味しく味わうことができました。

NAVONAの「カレードリア」

きっこがカレードリアに夢中になっている間にも、次々とお客様がいらしゃいましたが、テーブルとテーブルの間隔がゆったりしているせいか、混雑しているという感じはなくて、落ち着いて食事をすることができ、すっかり体も温まりました。

(きっこ)


◆店舗情報 TRATTORIA NAVONA
岩手県奥州市水沢区袋町2番地2


遠野市 食堂喫茶CocoKanaの「桜バーガーセット」

遠野の冬のイベント「遠野ふゆ物語」に行ってきました。町屋のひなまつり、語り部の昔ばなし祭り、どべっこ(どぶろく)祭り、雪遊び、舞台公演と盛りだくさんの冬イベント。今回はおひな様巡りと語り部を目的に出かけたのですが、くいしんぼう的にはもう一つ、桜肉(馬肉)を使った「桜バーガー」にも興味津々です。

普段なかなか食べる機会がない桜肉ですが、バーガーという形で気軽に食べられるなら、ちょっと試しに味わってみたいと、「とおの物語の館」の近くにあるCocoKanaさんにお邪魔して、桜バーガーをセットでお願いしました。

食堂喫茶 CocoKanaの「桜バーガーセット」

セットには、皮ごとカラッと揚げたポテトと、ドリンクが付きます。メインのバーガーは、甘辛く味付けされた桜肉とトマトとレタスを、こんがり焦げ目のついた白いバンズでサンドしています。

大きな口を開いてガフリとひと口。桜肉は柔らかいのに弾力があって、噛めば噛むほど旨みが出てきます。桜肉初体験のきっこは、その美味しさに夢中で、あっという間に完食。これはヤミツキになっちゃいそうです。

食堂喫茶 CocoKanaの「桜バーガーセット」

桜バーガーは単品でも注文OKだし、テイクアウトも可能だと書いてありました。もう少し暖かい季節なら、桜バーガー片手に街歩きっていうのもいいかなと思ました。

(きっこ)


◆店舗情報 食堂喫茶 CocoKana
岩手県遠野市中央通り2-1


一関市 松栄堂の「バレンタイン上生菓子」

チョコレートを使ったバレンタインデー向けの和菓子が出ていたよとのLINEが、食いしん坊仲間から届きました。和菓子でチョコレートっていうと、チョコ饅頭くらいしか思いつかないんですが...情報では和菓子、しかも上生菓子らしいと。ちょっと想像できなかったので、百聞は一見に如かずと、松栄堂さんの総本店に行ってみたら、本当にありました。バレンタイン上生菓子と書いてあり、1つ1つ透明なパックに入って、ショーケースの中に並んでいました。

松栄堂の「バレンタイン上生菓子」

左のバラの花は「マイスイート」という名前で、外側がピンクの練切で、中にはチョコレート餡が入っているそうです。右の四角い方が「しょこら」で、小豆の羊羹にチョコレートを練り込んであるそうです。説明書きを見ても、まだ、味の想像ができませんねぇ。

まずは、ちょっと切って断面を見てみましょうか...こんな感じです。

松栄堂の「バレンタイン上生菓子」

「マイスイート」はチョコのフレバーが入ったことで、練切と餡の甘さが丸く優しくなった感じです。普通の練切よりさっぱりした感じでとても食べやすい味でした。

「しょこら」はパックを開けた瞬間に、チョコレートの香りがパッと広がって、とっても華やか。食感は水羊羹のような柔らかさで、小豆とチョコレート、両方の味が調和して、何だか不思議、でもとても美味しい。これ、気に入りました。これなら、バレンタイン関係なく食べたいなと思ったきっこでした。

(きっこ)


◆店舗情報 菓匠 松栄堂 総本店
岩手県一関市地主町3-36


奥州市 産直 来夢くんの「ライ夢くんがカステラ焼」

産直 来夢くんに野菜を買いに行ったのですが、イメージキャラクターの「ライ夢くん」をかたどったカステラ焼を見つけてしまいました。フワッとした生地にクリームなどを入れて焼いた、人形焼タイプのお菓子です。この「ライ夢くん」は身長が8cm位で、普通のおまんじゅうくらいのボリュームがありそうです。

ちょっとヘビーかなぁと思ったのですが、三角帽子をかぶった「ライ夢くん」のことを、以前から「めんこい」と思っていたので、目が離せなくなり「あんこ」と「レアチーズ」を購入して帰りました。

産直 来夢くんの「ライ夢くんがカステラ焼」

生地には衣川産の米粉を使っているとかで、フワフワなのにしっとりしていて、優しい甘さも感じられる美味しい「皮」に焼きあがっています。中身もたっぷり入っていて、端っこの方を食べてもちゃんとクリークやあんこが出てきます。

レアチーズは、濃厚なクリームの中にある、ほんの少しの酸味が甘さを引き締めている感じで、パクパクいけちゃう食べやすさでした。あんこの方は、甘さ控えめな粒あんがたっぷり入っていて、皮の味とのバランスも良く、食べ応えがありました。

産直 来夢くんの「ライ夢くんがカステラ焼」

中のクリームは5種類で、今回購入した「あんこ」と「レアチーズ」のほかに「カスタード」と「チョコ」と「キャラメル」があったので、次は違うフレーバーも楽しみたいなぁと思っています。

(きっこ)


◆店舗情報  産直 来夢くん 直売棟
岩手県奥州市水沢区真城字杉の下51