チイキーズTOP > スタッフブログ

 スタッフブログ

rakraトークイベント御礼

チイキーズのブログに、おじゃまします。
rakra編集室です。

3月8日、rakraのトークイベントがありました。
ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました。

北東北のエリアマガジンrakraは、2006年4月に創刊。
10年目となる2016年は、10周年イヤーということで、
コーナーを拡大したり、別冊を発行したりと、活動してきました。

その10周年イヤーのしめくくりとして、
rakra3.4月号では、兵庫県在住の編集者、藤本智士さん(『Re:S』『のんびり』)が
北東北を旅し、原稿を書いてくれています。

rakra81.jpg
rakra3.4月号「北東北の暮らしに出会う旅」

トークでは、
藤本智士さんと、岩手を旅した、rakra編集長の滝澤純弥、
ライターの鈴木いづみ、カメラマンの大谷広樹が、
旅を振り返りました。

今回の旅は、わたしたちrakra編集チームにとって、
とても新鮮なものとなりました。

CIMG2169.JPG

通常rakraの取材は、ある程度下調べをして、
アポイントを入れてから、となるのですが、
藤本さんの取材旅は、アポイントを入れません。
旅の行程表もありません。
旅で出会った人やモノたちが、行く先々でつながって、
つながって、どんどんつながっていきます。
これまでと違う、取材の旅に、
rakra編集チームは戸惑いながら、必死でついて行きました。
rakra3.4月号「北東北の暮らしに出会う旅」を、ぜひご覧いただきたいと思います。

CIMG2176.JPG

藤本さんは、ローカルメディアの可能性についても
お話してくださって、とても興味深かったです。
私たちも、ローカルメディアの当事者。
これからのrakraをどうぞ、お楽しみに。

グルージャ盛岡2017応援日記1 2017シーズングルージャ盛岡新体制発表会

しゅうです。
今シーズンも、勝手な応援日記を書いていきたいと思います。グルージャ盛岡で「一喜一憂」します(笑)
さて先日、イオンモール盛岡で行われたグルージャ盛岡の2017シーズン新体制発表会に行ってきました。
DSCN8391_R.JPG
この日がグルージャ盛岡サポーターにとって「新年(新シーズン)あけましておめでとう」の「元日」ですよね。
昨シーズンは、6勝12敗12分(43得点47失点、得失点差-4)で16チーム中13位という成績...。勝ちきれず、波に乗れずで...なんとももどかしい成績でした。
DSCN8395_R.JPG
株式会社いわてアスリートクラブ・菊池賢社長のあいさつ。
DSCN8410_R.JPG
チームスローガンは「Restart」、「一岩」はクラブスローガンに。
DSCN8417_R.JPG
今シーズンから監督が遠野市出身で、ヴェルディ川崎などで活躍した元Jリーガー・菊池利三氏となりました。「全員守備、全員攻撃」を掲げ、守備からリズムをつくって昨シーズン以上にタテへ推進するサッカーを見せてくれるでしょう。つまらん失点を減らし、ゴール前の決定力を上げてください。
また、今シーズンからオフィシャルユニフォームサプライヤーが株式会社ドームとなり、米スポーツブランド「アンダーアーマー」のユニフォームをまとうことに。一時チームカラーを「白」→「赤」に決定しましたが、再考の結果、従来通りに。「鶴は白い!」これ名言ですね。
DSCN8457_R.JPG
アスリートが身につけるとカッコいいですね、この「ピチユニ」(笑)
チームはすでに雫石町営体育館で始動。キャンプについては、今年は沖縄では行わず、県内(釜石市・一関市)、福島県(いわき市)、千葉県内と3次キャンプまで行いながら仕上げていくようです。ケガないようにお願いします。
ここ2シーズン「初勝利」までずいぶん時間がかかっていました。確かに内容を突き詰めていくことは、時間のかかることかもしれませんが、やはり「勝つ」ことが岩手県民への一番のアピール。そうやって関心が高まることが「J2昇格」への気運の醸成につながるはず。
応援しましょう。
※今年からスカパー!でのJリーグ中継がありません。DAZNで完全生中継するようですが...「ダイジェスト」好きだったんですよねぇ...。
(しゅう)
◆グルージャ盛岡2017選手(2017.1.15現在)
1土井康平、2久保海都、3福田友也(新加入、期限付き移籍)、4畑本時央、5八角大智、6垣根拓也(完全移籍加入)、7益子義浩、8(今季欠番)、9金 弘淵(新加入)、10谷村憲一、11谷口堅三、12(サポーターナンバー)、13梅内和磨、14林 勇介、15安楽健太、16森 英次郎、17田中 憧(新加入)、18今関耕平(新加入)、19菅本 岳(新加入)、20井上 丈、21中島宏海(新加入)、22笠原 淳、23守田 創、24鈴木達也、25土館賢人
◆グルージャ盛岡2017スタッフ(2017.1.15現在)
監督・菊池利三、ヘッドコーチ・高崎康嗣、アシスタントコーチ・小川貴史、GKコーチ・新沼 泉、アスレティックトレーナー・桐田祐輔、トレーナー・昆 竜洋、主務・大江隆人

年末年始休業のお知らせ

〈チイキーズ年末年始休業期間の対応について〉

いつもチイキーズをご利用いただきありがとうございます。
チイキーズ(川口印刷工業)では年末年始休業に伴いお客様からのお問い合わせ、情報の掲載、及び更新をお休みさせていただきます。

年末年始休業期間
2016年12月28日(水)午後〜 2017年1月4日(水)まで

皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解くださいますようよろしくお願い申し上げます。

なお、サイト全体の閲覧は、通常通りアクセス可能ですので、年末年始休業中も是非チイキーズをご利用ください。


【年末年始休業期間中、停止するサービス】
・店舗情報更新
・店舗情報掲載
・イベント情報掲載
・各コンテンツ更新
・チイキーズへの電話のお問い合わせ
・チイキーズへのメールでのお問い合わせに対する返信
 (返信は、1/5(木)以降になります)

【アクセス可能なサービス】
・トップページを含むサイト全体

グルージャ盛岡2016応援日記22 2016明治安田生命J3リーグ第30節 グルージャ盛岡VS栃木SC

しゅうです。
2016シーズンも最終節、J3優勝(=J2自動昇格)がかかる栃木SCを迎えてのホーム戦。栃木は勝利が絶対条件(首位の大分トリニータが負けor引き分けの場合優勝、大分が勝利の場合は得失点差6を逆転する大量得点での勝利...)という難しい状況ながら、諦めない栃木サポーターさんが大挙来場。グルージャだって負けていい試合はない、今シーズンの集大成とミスターグルージャ・松田賢太選手の引退試合。『岩手県民DAY』と銘打った試合は今季最多入場者(2,888名)となりました。
DSCN8156_R.JPG
グルージャマルシェも活況を呈しています。
DSCN8167_R.JPG
黄色で埋まったアウェイゴール裏、栃木サポの圧力を感じます。
DSCN8191_R.JPG
松田賢太選手もコンディションを上げてサブでベンチ入り。途中出場の期待がかかります。
前半開始早々から、栃木のプレッシャーで受け身にまわるグルージャ、試合の入り方がふわっとした感じは変わりません...心配。しかし徐々に相手の出足をくい止めはじめ、攻撃に転ずる場面が増えてくる。
そんな前半20分、相手ゴール前のゴチャゴチャしたところで(向こう側なので良く見えない 笑)、グルージャ先制!谷口堅三選手#11のシュートが相手選手にあたってコースが変わりGKも反応できずにゴールイン!
DSCN8175_R.JPG
追加点も狙えたくらい相手は浮足立っていたように見えましたが、追加点はならず。前半1-0で折り返します。
後半、栃木は一挙に2枚替えの荒療治。
後半3分、やってしまいました...GK土井康平キャプテン#1がミス。狙っていた栃木・廣瀬浩二選手#8にかっさらわれ、天敵・大石治寿選手#9に決められ同点...。これで栃木が攻勢に出る。後半15分、またも大石選手...。CKをアタマで見事に合わされ失点、1-2。「ああー」と一瞬気落ちしてしまいましたが、まだまだ誰も諦めていないよ!
後半23分、グルージャのCK。前半からショートコーナー多用だったCKでしたが、このときは栃木ゴール前にゴルゴ石井圭太選手#30が蹴り込んだボールは、ファーの畑本時央選手#4にドンピシャ!GK動けず、グルージャサポの前で同点!
DSCN8193_R.JPG
さあ舞台は整った、後半34分梅内選手out松田選手in。右サイドハーフのポジションで攻撃にも参加、こういう時のシュートってきれいに枠に入ってGKの正面...おしい!
DSCN8197_R.JPG
DSCN8199_R.JPG
結局2-2の引き分け、栃木は2位となりJ2J3入れ替え戦にまわることに。目の前での胴上げは阻止しました。
(ガイナーレ鳥取は、大分と対戦。2年連続で目の前で胴上げされるという悲劇...)
DSCN8216_R.JPG
DSCN8227_R.JPG
松田選手、おつかれさまでした。グルージャの応援を始めた時には松田選手はすでに在籍していました。地決で何度も跳ね返されながら、2013年に念願の全国制覇でJ3参入。それから3シーズンのJ3リーグでの活躍。「うまくいかなかったことの方が多かった...」と語る松田選手。慣れないトラメガを持っていただきましたが、いい笑顔です。ほんとうにおつかれさまでした(って、まだやれんじゃね?)
DSCN0836_R.JPG
2013年11月、当時の地決で優勝、表彰状を受ける松田選手。この優勝という結果をもってグルージャはJ3 参入へ。
DSCN8219_R.JPG
グルージャ盛岡の2016シーズンは、6勝12敗12分(43得点47失点、得失点差-4)で16チーム中13位という成績でした。ピッチ外でごたごたがあったシーズンですが、天皇杯でJ1・ベガルタ仙台に勝利といううれしいこともありました。フロントの新体制も発表になり、今後は選手の去就も気になるところ。入れ替え戦の結果で、残った1枠が栃木(もう1年いっしょにどう?)かツエーゲン金沢(あ、おかえりなさい)で決まります(J2からギラヴァンツ北九州が降格、JFLからアスルクラロ沼津が参入)
来シーズンも、応援しましょう。
(しゅう)
半分近く黄色に染まった観客席の統制がとれた栃木サポーターの応援と、勝てはしなかったけど相手を脅かし引き分けに持ち込んだグルージャ盛岡のプレーに、「応援するべきチームが、ここ岩手にもある」と来場した『岩手県民』が心に刻んでくれればいいな、と思いました。

グルージャ盛岡2016応援日記21 2016明治安田生命J3リーグ第25節 グルージャ盛岡VS SC相模原

しゅうです。
いわて国体も終わり、リーグ戦も今日を含めて6試合。グルージャは優勝争いをしているわけでもありませんが、このまま終わるわけにはいきません。相模原にはリーグ戦でまだ勝てていない相手。いまチームには「勝ち」が必要。もちろんサポーターにとってもそれは同じ、何よりの薬は、点差はどうであれ「白星=勝ち点3」です。
DSCN7982_R.JPG
いい天気のいわぎんスタジアム。
DSCN7968_R.JPG
相模原には、今季から「W杯からJ3まで知る男」川口能活選手#23が在籍、今日もスタメン。前相模原の高原直泰選手にも「おおー」でしたが、ヨシカツが盛岡で見られるとは...。ヨシカツの守るゴールをこじ開けてほしい。
いつものとおり、ゲームの入りよ、入り...しかしいきなりムムム...の時間が続く。マークの受け渡しがうまくいかないのか、再三のピンチを土井康平キャプテン#1のセーブと相手選手のシュートミスによって「0」で耐える。グルージャ時折押し返すようになり、徐々に落ち着いてきた。
そんな24分、グルージャCKのチャンスから、八角大智選手#9が押し込んでグルージャ先制!八角選手、加入後初=J初ゴール!
続く31分、ボールの軌道は反対側からも良く見えました石井圭太選手#30のミドル。ゴールへの距離はこちらのゴール裏からは不明ですが、ギュンと回転したすんげーシュートが決まって2-0、前半終了。
DSCN7979_R.JPG
後半開始。これまで相模原には、リードしていても引き分けに持ち込まれたり...と、2点差でも油断できない。
DSCN7988_R.JPG
後半は「W杯からJ3まで知る男」ヨシカツが目の前に。
DSCN7992_R.JPG
相模原ゴール前に切り込む石井選手。
DSCN7993_R.JPG
守備は前半15分までに比べたら、点はとっている分余裕が出てきたグルージャ。しかし時折「あ、う!?」という危ない場面が。
後半36分、林勇介選手#14out→高橋悠馬選手#18in、後半41分梅内和磨選手out→谷口堅三選手#11in。
DSCN7996_R.JPG
直後、谷口選手エンドラインで粘ってグラウンダーのクロス、逆サイドで高橋選手が蹴り込み3-0!
DSCN7999_R.JPG
手荒い祝福(笑)
DSCN8001_R.JPG
43分、安楽健太選手#15のセンタリングを牛之濱拓選手#6が頭で合わせて、4-0!!
DSCN8002_R.JPG
もう相模原の選手は付ききれない。44分、ダメ押しのケンゾー、合わせるだけでOKのゴールで5-0!!!
5-0で試合終了。
DSCN8005_R.JPG
DSCN8007_R.JPG
お久しぶりの「鶴の恩返しタイム」
DSCN8011_R.JPG
うれしい初ゴール、八角選手。同級生という女子3人組がゴール裏に応援に来てくれてましたよ。わんこそばも堪能されたとか。
DSCN8018_R.JPG
今日勝ったことが何よりですよ、神川明彦監督。
入りはマズかったけど、劣勢はセットプレーで取り返し、思いっきり良く振りぬいたシュートが決まり、リーグ戦中断でコンディションを戻したであろうチームは最後まで足が止まらず、交代選手が結果を出し、チーム得点王が追加点という、ハラハラしながらも「幸せな結末」とここしばらくのマイナスイメージを払しょくしてくれました。が、残るリーグ戦で対戦する相手はこんなに「見逃し」てくれるハズはありません。気を引き締めて戦ってほしいです。
応援しましょう。
(しゅう)
次のホーム戦は、11月5日の福島ユナイテッドFC戦。私、都合で観戦できません...残念。