チイキーズTOP > スタッフブログ > 2008年2月アーカイブ

スタッフブログ

« 2008年1月 | メイン | 2008年3月 »

2008年2月 アーカイブ

2008年2月29日

女性の品格 〜(目次考)その2〜

制作・企画のKCです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

女性の品格 〜(目次考)その2〜          〜その1〜

著者自身が、社会的にもかなりすごい経歴と地位の持ち主。
だから説得力がある、というのもベストセラーになった一つの要因らしいです。

昭和の頃、まだまだ女性が社会で仕事をするには厳しい環境だった時代、著者自身が
子供を持ちつつ仕事をし、業績が認められ出世し、やがて有力な肩書きを得るという中で、
女性にとってもっと働きやすい環境を作らなくては…と、総理府管理室長などを歴任しつつ、
女性の立場向上に尽力した方です。

いわゆるフェミニスト。
でもフェミニストっていうと、私の中の勝手な印象だと、女性の権利を取り戻せー!と、
デモでも起こしそうな、ヒステリーで気の強い女性を思い浮かべてしまうのですが、
この本や著者はむしろ逆。
社会に胸を張って出て行ける環境が整いつつあるんだから、男性と同じになろうと張り合う
のではなく、女性だからこそできるであろう社会の生き方を学びましょう?
というような、いたって柔らかく優しい印象。


読んでもないのに詳しいのは、テレビで『女性の品格』と著者について当人出演で特集を
やっていて、それを食い入るように(笑)見ていたからです。
著者の自宅公開!ってのもやっていたんだけど、整理整頓が苦手らしく、タンスから
洋服がはみ出ていたり、電灯のスイッチが手垢で汚れていたりしてビックリ☆
でも肩の力が抜けて急に親しみが湧いてしまった(笑)

さぁ、ここまで書いてみて、ますますこの本に興味津々、いつか買って読んでみよう!
と、思ったんだけど、目次の最後にこんな言葉が。。。


強く優しく美しく、そして賢く


うわわ〜やっぱりちょっと敷居が高いかしら?(^^;<悟りを開かなきゃ無理よーん、こんなの
と、途端に怖気づいちゃった KC です(笑)
(うそ、ちゃんと読むよ、そのうちね)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

※女性の品格 〜(目次考)その1〜

2008年2月28日

『女性の品格』(目次考) 〜その1〜

制作・企画のKCでーす。珍しく文字だらけ。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
『女性の品格』 〜(目次考)その1〜      

女性の品格という本がベストセラーですね。
テレビなど様々なメディアや、ネット上でも話題になっていて、一度は読んでみたいな、
と思いつつ、いまだに手にとっていない本でもあります。

Amazonでは本の中身を少しだけ見ることのできるサービスがあるので、興味本位で
目次とさわりを少しだけ読んでみました。

◆気になった目次
 ・記念日を大事にする
 ・ネガティブな言葉を使わない
 ・流行に飛びつかない
 ・贅肉をつけない
 ・もてはやされている人に擦り寄らない
 ・仲間だけで群れない
 ・怒りをすぐ顔に出さない
 ・プライバシーを詮索しない
 ・目の前の仕事に振り回されない

特に興味を惹かれる目次を上げてみたけど、これって女性だけでなく男性にも言える
ことなのかもしれないですね。

その他の内容も、人として知っていて当たり前の基本的なことが書いてあったり、
また、『こうしていれば生きるのが少しラクよ』と、仕事をする女性が社会で生きていく
上でのヒントになるような、そんな本のようです。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

※ 女性品格(目次考)〜その2〜

2008年2月27日

発火男。

みなさん新企画「喰王―ショッキング―」はご覧いただけたでしょうか。

ホントニカラインデス。\\

あの反応は決して大げさなリアクションではありません。
面白半分でチャレンジすると確実に大変なことになります。いや、なりました。

その日の夕方、いきなり雷に打たれたような衝撃を受け、私は自分を呪いました。
生まれてきたことすら後悔しました。

 

15分後…。

死にかけた。\\

一気に50歳ぐらい老けました。
尻から火が出るとはこのことです。つーか出たんじゃないかな。
お食事中の方、失礼しました。

(おしょー)

2008年2月26日

お豆の法則

 くさです
なんだかお久しぶりな気分です。

新企画

喰王.jpg

UPしました!!
岩手県内の大盛りや激辛のお店をめぐります!

第1回は、三平食堂の「マーボラーメン 30倍辛」

私は昨日美味しい3倍を食べてきました〜。

 

 

話は変わって、

先日実家に帰って来ました!

爽やかな朝日.jpg
4号を南へ向かいます。爽やかないいお天気です。


さて、上の写真、右端の看板に注目です。

 

 

拡大して…

爽やかな朝.jpg

健康・明朗・A型

ご興味のある男性の方は、
花巻⇒北上間の国道4号線沿い、右手に注意しながら走ってみてください。
随時募集中?です。


くさはO型なのでアウト。
とっっても残念さ〜。

大学2年生の冬、初献血するまでは自分はAだと思っていたんですけどね。

チョコケーキが欲しかったわけじゃない.jpg


 

若くて優しそうなおねえさん.jpg

 

何を想像しているのか?.jpg

 

くさ家メンデルの法則.jpg
お母さんが「たぶんA」って言っていたので21年間信じていたよ。
(くさ)

2008年2月25日

『からっぽの湖』を観てきました。

もうすぐ3月だっていうのにまだまだ寒いですね〜。
この寒さに飽きてきた制作のなーさんです。
今すぐ春希望!ですよ。

先週のことになりますが、
盛岡劇場にG2プロデュース主催の演劇
「からっぽの湖」を観てきました!!

(その日はなぜか超大雪・・雪まみれで開演ギリギリでついた・・
おかげで風邪ひいてしまいました・・スイマセン。)

演劇といってもコントのようなシニカルで楽しい舞台♪
(座長、松尾貴史さんスから・・)

お話はというと・・、(公式サイトより引用。)

野間口湖畔に飾られた謎の生物ノッシーの古びたオブジェ。
吸い寄せられるように集まってくる7人の男女。
ノッシーに人生を潰された男たち。怪しげなオカルト雑誌の女性編集者。
ファンシーに魅せられたペンションオーナー。ハンターを取り締まる謎の鳥人間。
そこへ出戻りの女も現れて、人々のバランスはゆっくりと崩れ始める。
湖畔に繰り広げられるキッチュで可笑しな会話の中から、
それぞれの破れた夢が浮かび上がってきたとき……。

という、面白おかしい、ときに涙?な会話劇。

からっぽのみずうみのイメージ画像。\\\\\\\

すいません・・似てません・・注)これは似顔絵ではアリマセン。ご注意ください。

ほかのキャストもとっても素敵だった(記者役のぼくもとさんがいいキャラでした)
んですが、スペースの都合上描ききれませんでした・・・。

それぞれの役が「こんな人!!いる!!」っていう感じで(鳥人間の人以外)とにかく会話が面白い。
アドリブのような楽しい会話劇でした。

岩手ならでわのアドリブもうれしくて、「何ぃ?雫石で・・!」とか、
「岩手だとリアス式のキティちゃんとか?」というネタに皆さん爆笑でした。

とにかく目の前で演じているってすごい!!しかも7人の動きがとっても細かい演出で
よく間違えないな〜と感嘆。すっごいダイレクト感に圧倒された時間でした。

私、よく知らなかったのですが盛岡劇場は演劇界では有名なところのようですね・・。
だからか盛岡が演劇が盛んなのかな。

ほかの演劇も見てみたい!(お財布が許せばね;)と思ったなーさんでした。

参考URL:http://www.g2produce.com/agape/12/index.html

(なーさん)

1  2  3  4