チイキーズTOP > スタッフブログ > 2012年5月アーカイブ

スタッフブログ

« 2012年4月 | メイン | 2012年6月 »

2012年5月 アーカイブ

2012年5月31日

高松の池の牡丹園が見頃なので

〈牡丹園があったのだ@ほげぴ〉
高松の池の牡丹園が見頃になっているという記事が Webにありました。
高松の池は近所なんですけど、牡丹園と言うのがあったとは知りませんでした。
バラ園は知ってますけどね。

「そんなのあったかな」と思いつつ、写真をとりに出かけてきました。
快晴で風も弱く、気温も程よい感じ。とても快適な陽気でした。

takamatunoike2.JPG

高松の池

botannen1.JPG


あぁ、ありましたよ。良く知ってる場所じゃないですか。
いろいろな草花が植えられている花壇の一角が、牡丹園なんですね。

この場所は何度も来ていますし、桜の季節には花見もしています。
でも、牡丹園と呼ばれているとは知らなかった。
牡丹が咲いている時期には、あまり来てなかったのかな。

botannen3.JPG


botannen5.JPG


botannen7.JPG


いろいろな色の牡丹が植えられています。
どうやら、咲く時期は牡丹によってズレているようです。
一斉に満開になる感じではなくて、散り始めているものもあるし、満開状態のものもあるし、つぼみの状態でこれから咲き始めるものもありました。

botannen9.JPG


つぼみのままのものもあったので、しばらくは見頃が続きそうですね。
どの牡丹が一番大きいかな、とか、形がきれいとか、色が良いとか、散策しながら写真を撮るのもけっこう楽しかったですよ。

tubaki1.JPG

(椿を含め色々な花が咲いてます)

azymaya2.JPG


その後は、競馬場跡地の中にある東屋で、家族でお食事。
6つの東屋が連結されている、なかなか立派な設備です。

競馬場跡地の造園工事はまだ途中なので、部分的に完成しているだけです。
だから、利用者はまだ非常に少ない。

azumaya1.JPG


昼間からビール飲みながら、貸し切り状態の東屋で、のどかにお食事。
とても快適で贅沢な気分です。
最後に子どもとフリスビーをやって汗をかいてから帰宅しました。

2012年5月30日

【お詫び】プレミアムサービスのサンプルページについて

 

プレミアムサービスのサンプルページについて


チイキーズをご利用いただき誠にありがとうございます。

チイキーズプレミアムにおいて、企画説明用に作成したサンプルデータの店舗情報が実際には存在しない店舗にもかかわらず、誤解を招くような表記をしてしまいました。利用者の方に多大なご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。申し訳ございませんでした。

現在、サンプルデータの修正を行い内容を変更しております。今後、同じようなことのないよう、十分に注意してまいりますので、引き続きチイキーズをご愛顧いただきますよう、よろしくお願いいたします。

 
     

2012年5月29日

動物も暑い

週末は暑かったですね。

みなさん、六魂祭へ行かれたんでしょうか。

なーさんは、大通らへんまで行ってみたのですが、あまりの混雑に恐れをなして(((;゚Д゚))))
祭りを観覧することはできませんでした。。


動物園日和

というわけで日曜日は、盛岡市動物公園に足を運んでみました。

そう、動物園日和のいいお天気。

新緑もとってもきれい。


しかしちょっと暑い...ええ、ということは。


暑さのため土掘って入るプレーリードッグさん

動物たちも暑さでくってり。

みんな日陰か、木陰でぐーぐーぐー。

姿が見えない動物も・・・


みな、涼しいところを探してお昼寝中。

シンメトリーポーズのヤギ

左右対象ポーズのヤギさんや・・・


お昼寝くまさん

お昼寝くまさん・・



そして極めつけは・・・

あられもない姿のカンガルー

あられもないお姿のカンガルー・・・。



いや、これはこれで貴重なお姿かも・・。

なので、動物ふれあいコーナーにてうさぎやモルモット、ひよこの心音を聞いてみる体験をしてみたり、(小さくなるほど鼓動が速くなる!)起きているピューマに猫の鳴き声をしてピューマに威嚇されたりしてみました・・。(真似しないでください...)




おまけ。


出入口付近にあった看板の絵。

この動物は・・?


この動物は・・・?

なんともシュールな顔立ちが素敵です!


今度は涼しい時(夕方)に行きたいなー。

早朝ツアーとかあったら行きたいです!!(`・ω・´)ノ


(なーさん)

2012年5月28日

六魂祭・秋田竿燈まつりの 3D写真

〈秋田竿燈まつりの 3D写真を少し@ほげぴ〉
5/26(土)の六魂祭の秋田竿燈まつりの様子を撮影した写真が少しありますので、公開しておきます。
遠くからしか撮影できなかったため、写りは良くないのですが、ご勘弁ください。

私は祭りにでかけられなかったので(会社で仕事してました)、撮影したのは子どもです。(私を除いた家族で 26日に見に行っています)
私は出かけてないので、写真を少し紹介するだけです。残念。

3DSで撮影した写真なので、3D写真になっています。
さて、ちゃんと立体に見えますでしょうか。

DSCF0002-Ps.jpg


DSCF0003-Ps.jpg


DSCF0006-Ps.jpg


パレードのあった中央通り付近は大変混雑していて、近くに寄って見ることができなかったようです。

青森ねぶた祭の写真も少しだけありました。
こちらは iPhone4Sで撮影したものです。

IMG_0593.JPG


IMG_0594.JPG


IMG_0595.JPG


下の写真はチャグチャグ馬この、撤収するときの際の写真です。
(あまりにも撮影するものがなくて、こんな物を撮影するしかなかったようだ)

DSCF0009-Ps.jpg


DSCF0010-Ps.jpg

2012年5月24日

貞子3D。新感覚映画ですよ、ね?

〈貞子3Dは、リングとは違うのだよ。リングとはな@ほげぴ〉
(ネタバレ含んでます。そのうえ、見てない人には意味不明の内容)

『貞子3D』を見てきましたので、思ったことをダラダラ書きます。


icon.jpg
●まず作品として
えーと、まず「リング」みたいな和風ホラー期待してみたら爆死します。
ストーリー的には「らせん」に近い展開ですね。原作的には「らせん」に続く作品のようですから。

で、映画としてなんですが。なんでしょうね。なんとも言い難い。

3Dで飛び出すお化け屋敷?
その中にモンスターパニックのようなアクションシーンが挿入されてる感じ。

たしかに最初はリングっぽく始まるんですけど、途中からどんどん方向性が変わってきます。
あまりに変わりすぎて、唖然としますよ。
そこを楽しむ、大人の心の余裕が欲しいところです(笑)

私は夫婦二人で見に行ったんですが、最初は奥さんも怖がってましたよ。ビックリシーンで。いちいち、私につかみかかってくるんだもん。
そっちのほーが驚くっちゅーの!!

でも最後はなんか笑ってましたもんね。プププだって。
もう、どう表現したら良いのか分かりません。私は。
新しいジャンルの映画、としか。

これから見ようと言う方は、「リング」と同じようなホラー映画だとは思わずに、3Dのビックリお化け屋敷に、モンスターパニックが組み合わさった娯楽作品だと思ってみてください。

そう思ってみると、楽しめるかも


●ホラー映画として?
だから、ホラーじゃないってば。

途中からモンスターパニックになってますっ!
貞子さんがモンスターになってるよー、(;´Д⊂)エエーン という感じ。

あれは便所コウロギ(カマドウマ)ですか?ピョンピョン飛び跳ねてますけど。なんと、攻撃方法は噛み付き。
ベテラン刑事の人は、便所コオロギにノドを噛み切られてお亡くなりに。
まったく予想外の最後だったでしょう。取り憑かれて殺されるんじゃなくて、かみ殺されるなんて。そりゃあ無念だったと思います。とても可哀想です。

それまではモニターから貞子さんが出て来て、自殺に追い込んでいたはずなのに。いきなり便所コオロギになってノドに噛み付いてくるなんて。
そりゃほんとにビックリしますよ。Σ(`∀´.:;)

しかもワラワラと大量に出てきます。ショッキングです。なんでいっぱい出てくるの!
完全にモンスターパニック。見ている私の頭もパニックです。

主人公(茜)が廃屋でチェーンガンとか見つけて、コオロギモンスターを薙ぎ払うんじゃないのか。バッタバッタと。コオロギなだけに。爽快だなー。頭の中パニクって、そんなシーン想像して見ていた。

まぁ、あれは貞子さんではなくて、柏田によって井戸に投げ込まれたたくさんの被害者女性だったんでしょう。だからあれだけ数が多いんです。
合掌です。

いや。でもそうだとすると、柏田はものすごい殺人鬼じゃないですか?
貞子さんが呪い殺した人間の数より、柏田が殺害した人間の方が圧倒的に多いんじゃあるまいか。
つまり、一番怖いのは、やっぱり生きている殺人鬼ってことなんですね。

あれ?
しかし、あのコオロギモンスター達は、なにがしたくて茜を追いかけ回していたんだろう。
茜を殺しちゃったら、貞子復活できないわけだし。

結局、コオロギモンスターが全部やっつけられた後でも、支障なく貞子は、茜に憑依する算段を進められました。
つまり、孝則を人質に取っている限り、憑依の儀式には不都合はなかった。
ただ、呼び出せば済む話。

だったらコオロギモンスターいらないじゃん。


●完成度?
もう、シッチャカメッチャカですよ。とは言え、そこは解釈次第でしょう。
(でも、解釈しよーがないので困るんだけど)

話の展開として、途中がうまくつながっていない部分もありましたっけ。編集のミスでしょうか。ビデオや TVで公開する際には、ディレクターズカットで修正して欲しいですよ。お願いします。

貞子 3Dは、原作のリングシリーズを全部読んでる人じゃないと、設定とか意味とかわからないことが多すぎると思いました。
(孝則も実は、貞子と縁のある人間らしい。ってそんなこと分かるかー)


●キャスト
ぜんぜん関係ないんですけど、石原さとみさんが、ほんとかわいいんですよー。ノ(´д`*) あまりにもかわいいので、そっちのほーが気になってしょーがなかった。
恐怖シーンの方が、むしろ蛇足に思えてしまった。

あと、貞子さん役の女の子もかわいかったなぁ。(#^_^#)
最後の方で、ちょこっとしか出て来ないんだけど。もうちょっと出番を増やして欲しかったなぁ。
(ぜんぜん話の方向性が違ってきている)
石原さとみさんと二人並んでいるシーンとか、美女と美少女?もうホラーとか、どうでもいいや


●貞子さんキャラの扱い方
あれ?貞子さんって、こんなんだったっけ。
モンスターになってますよ。便所コオロギみたいな形の。

モンスター「的」じゃなくて、実体のある物理的なモンスターそのもの。ピョンピョンはねて、壁を突き破って、噛み付いてくる。ワイルドだぜぇって感じ。
(まぁ、貞子さんじゃなくて、柏田に殺された少女たちなんでしょーけどね)

「リング」では、貞子さんは、もともとは被害者。
異常で悲劇的な死が引き金で、リングの呪いが生まれたって話でした。
田舎のペンションの一室の下には、古井戸が隠されている。そして、その中には貞子さんの遺体と怨念が、ずっと封じられていた、という話。
井戸の上に部屋があるんじゃ部屋は湿気で酷かったはず。宿泊客は入った瞬間に違和感を感じたはず。寝苦しくて悪夢とか見るはず。

その部屋に置いたビデオにはカビ、じゃなくて超能力の念写と同じ原理で、呪いの動画がプリントされてしまうのだ。
そしてそれを見た人は 1週間以内にカビ、じゃなくて呪いで死ぬ。
助かるためには、ビデオをダビングして他の人に見せないといけない。コピーガードとかかっててダビングできなかったら大変。ガード外しの知識とか必須だ。
どんどん違法コピーじゃなくて、呪いのビデオが作られて死の連鎖が続いて行く。そういう話でした。

とりあえず私は、ビデオ見せたい相手には困らないな。フッフッフッ(黒い笑い)
いや。真っ先にビデオ見せられて終わりか?
ダメじゃん!

いやほんと、リングは怖かったなぁ。
HDのテレビでもう一回見ようかな。個人的には 2が一番怖かったです。
(ホラーの中で一番怖いと思った)
(2が1番とかナンノコッチャ、とかツッコミは、いらないですから)


●終わり方とか
「え?これで終わり?」という感じ。

なして孝則君がスマホ叩き割っただけで、OKなの?そんなんで終わっていいの?
そもそも、そのスマホは iPhoneなの、Andoridなの?4なの?4Sなの?Androidはアップデートされてるの?誰のなの?壊すなら私にください。お願いします。
ウイルス感染しやすいとなると Androdiが危ないかな?すると貞子さんが怖い人は、iPhoneのほーが安心なのかな?auがいいの?ソフバンがいいの?
あー気になる。どーなの?

とても納得がいきません。

クライマックスに至るまでの貞子さんの現れ方、しつこさ、バイタリティーを考えると、あんな形で簡単に終わるのはおかしい。
(まぁ、実際には終わってないで、憑依完了してるんでしょうけどね)

それからエンディングの後に、少しだけ加えられてるシーンも意味がわからない。
柏田が借りてた部屋のオーナーのおばちゃんが、いきなり井戸の所に出て来て、「この世はすべて作り物なんですよ〜」みたいなことを言って立ち去ります。

何が言いたいの!ちょっと待って!
なんでそんなこと言って消えちゃうのさ。気になるっしょ!

どーやってその井戸に所に来たの?車運転してきたの?なにが目的で来たの?それに何、そのカメラ目線は?誰に言ってんの?映画見に来た人に言ってるの?
気になるっしょー。

原作シリーズでは「仮想空間」がどうしたこうしたって話になってるらしいです。
だから、マジで「作り物」という意味で言ったのだろうか。

いや。
しかし。
そりゃいくらなんでも。

そこで私が勝手に解釈をつけます。


【Sの復活〈@ほげぴ〉解釈】
そもそも貞子自体は都市伝説にすぎなかった。

それをあのおばちゃんが焚き付けて柏田に信じ込ませた。(だから作り物と言っている)
正気を失った柏田は、貞子を復活(というか誕生)させるために利用されたわけ。せっせと少女をさらってきて殺害し、井戸に投げ込んで。井戸の中に怨念のエネルギーを溜め込んで行った。
そしてその怨念を動画データに封じてネットに解放した。

あのおばちゃんは、マッド・オカルト・テロリストだったのだ!(意味不明)

怨念の動画データは、貞子が持っているべき超能力を持っている人間を、憑依(というか誕生)対象のために探した。
そして茜(石原さとみ)を発見した。
茜の近くでモニターから現れた貞子現象は、実は全部、茜が持つ超能力が、怨念に力を与えて実態化させたものだったのだ。

茜とぜんぜん関係ない場所で動画データを見た人は、普通の方法で自殺してるもんね。
あ。でも、あの若い刑事が貞子のコスプレして自殺したのは、説明がつきませんな。

いや。ちゃんと説明できます。

あれは本当に「コスプレ」だったんですよ。霊現象とかじゃなくてね。
貞子のコスプレして、ベテラン刑事を脅かそうと思ったわけ。偽の動画データとか用意して。
偽の動画をベテラン刑事のケータイに送る。動画見終わった頃に、貞子のコスプレして出て行って、脅かそうとしたわけ。
ところがその動画が本物になってしまった。送る前に本物の呪いの動画見てしまった。
それで、貞子に操られて自殺させられてしまった。

さー、これでスッキリ。


●一番怖かったシーン
ビックリではなくて、怖かったシーンです。
そうです。
一番怖かったシーンは、若い方の刑事が、貞子のコスプレして拳銃自殺するところでした。

ただ自殺するんじゃないんですよ。
わざわざ貞子のコスプレをした状態で、自殺をしなけりゃいけないんですよ。そんな死に方はイヤだ!世間に顔向けできない。
残された家族が可哀想です。

suima-s.jpg

(睡魔、じゃない貞子に襲われるほげぴ)

●3D表現
恥ずかしながら、私は 3Dの映画を見るのは今回が初めて。普通の眼鏡に取り付けるタイプの、3D(偏向)グラスを 300円で購入しました。

動きの少ないシーンでは、ちゃんと立体的にシーンが見えますね。サラウンド効果と相まって臨場感がすばらしい。
なかなかいいもんですな。
3Dのテレビが欲しくなりました。

しかし、動きの激しいシーンでは逆。かなり見づらくて、厳しかった。
何がなんだか、わけわからなくなります。
アクションの多い映画は 3Dには向かないな、と思いました。

で、初めて 3D映画見たんですが、最後はやっぱり乗り物酔いになってしまいました。慣れが必要ですね。
初めて 3D映画見る人は、酔止めの薬飲んでから見た方が良いかも。
あと、左右の視力に差がある人は、あんまり立体に見えないのでご注意を。


●蛇足です
あとから思ったんですが、なんでニコ動見てて死んだ人が 5人だけなの?5人しか見てなかったの?
少なっ!柏田かわいそス。
ひどいよ。みんなでいじめたあげく、最後は無視だなんて。そりゃ恨むわ。

あるいは、たくさん見てたけど、死んだのは 5人だけだったとか?呪いの効果低っ!
見たって書き込みしている人はたくさんいたから、呪いの効果はあんまり高くなかったようですね。
だとしたら、動画内容に関する情報は、もっとたくさんの人が発信していたはずだけど。おかしいな。

もしくは、もっとたくさん死んでるけど、警察が 5人しか特定できなかったとか?
いや、そんなに調査能力低いってことはないだろーしなぁ。
やっぱりおかしいや。
1  2  3

アーカイブ