チイキーズTOP > スタッフブログ > 2016年7月アーカイブ

スタッフブログ

« 2016年6月 | メイン | 2016年8月 »

2016年7月 アーカイブ

2016年7月18日

グルージャ盛岡2016応援日記12 2016明治安田生命J3リーグ第17節 グルージャ盛岡VSセレッソ大阪U-23

しゅうです。
前節、アウェイでカターレ富山に3-1の逆転勝利、連勝してホームに帰ってきたグルージャ。今節の対戦相手は開幕戦でやられたC大阪U-23。同じ相手に再び負けるわけにはいかないわけで。今節はJ2、J3は全試合土曜日開催。C大阪のトップチームは群馬で試合のため、盛岡遠征の帯同が少ない。これはチャンスだ、負けられない!蒸し暑いながらも天気はなんとかもちそうな気配。おや?本日のボールパーソンやストレッチャースタッフ、校名は紹介すれどピッチ上に現れる気配がない、んー、何かゆるい気配が...いやな感じ...おまけに「土井...」なんだって???いかんぞー。
DSCN7235_R.JPG
グルージャのキックオフで前半開始。ゲームの入りよ、入り。と、いきなり最終ラインのウラにロビングを上げられGKと1対1!ここは土井康平キャプテン#1がセーブ!(この後、前後半を通じてスーパーセーブが続く)C大阪は、昨シーズンブラウブリッツ秋田に在籍した米澤令衣選手#36が再三仕掛けてくる。お互いチャンスをつぶし合うカタチの前半終了。
DSCN7240_R.JPG
ハーフタイム、2016オフィシャルマネージャーのB-famのみなさんのダンスパフォーマンス。彼女たちはゴール裏にも来てくれて応援してくれます、ありがとう(ちょっとご紹介、B-famデビューシングル「キミに恋してる」)
DSCN7246_R.JPG
後半もお互いのチャンスをそれぞれのGKがビッグセーブを披露し、声援をため息にしていく。牛之濱拓選手#6、谷口堅三選手#11、梅内和磨選手#17、いやー3点はとってるぜ!さすが、オーバーエイジのC大阪GK武田博行選手、伊達に背番号1じゃないな。これはスコアレスのドロー?(すみません、弱気に...)、ATは4分の表示、そして...。
DSCN7247_R.JPG
右サイドから鈴木一朗選手#29のシュートは相手GKがセーブ、と目の前に梅内選手が!そこにいたか、和磨!(笑)ゴーーーーール!
こんな時間帯に!どうやって終わらせる?キープ?いや遠くに蹴りだせ?はやく時間過ぎろー!
DSCN7249_R.JPG
DSCN7253_R.JPG
DSCN7259_R.JPG
DSCN7266_R.JPG
勝ちました、3連勝!順位も勝ち点で3チームが並ぶも、得失点差で12位に。
DSCN7273_R.JPG
「最高の週末だ」みんな、スタジアムでグルージャを応援しよう!
DSCN7279_R.JPG
試合後、七夕企画当選者のちびっこが、土井キャプテンとPK対決!「最高の思い出だ」
暑い中、ケガ人も多数(途中交代の土館賢人選手#25は大丈夫でしょうか?)と伝えられています。中断前まであと3試合(YS横浜、G大阪U-23...山田さんは元気かな 、ガイナーレ鳥取)、これまでのうっぷんを晴らすように「連勝」をお願いしたいです。
応援しましょう。
※B-famのメンバーさん、お顔とお名前がわからないんです。B-famというグループ名とそれぞれのお名前が入ったタスキでもかければいいんじゃないかな(もしくはレプユニの背中に名入れとか)、などと...。
(しゅう)

2016年7月 4日

グルージャ盛岡2016応援日記11 2016明治安田生命J3リーグ第15節 グルージャ盛岡VSガイナーレ鳥取

しゅうです。
今節でシーズンも半分を消化、1勝5分8敗勝ち点8の16位。ちょっと想像してなかったなぁ...という順位。そして不本意ながら「裏天王山」と言われてのゲームを迎えました。
しかし、鳥取がこの順位とは。鳥取は試合消化が1つ少ないため結果は「暫定」となりますが、勝ち点3を奪って「浮上」のキッカケにしたいところ。

DSCN7082_R.JPG
本日は、「つなぎ温泉presents」ということで、つなぎ温泉の旅館の女将さんやスタッフさんがフェアプレイフラッグベアラー。ピッチに和服はかなり珍しいのでは。
DSCN7088_R.JPG
今日は(いつもですが)とにかくゲームの入り方。いかに自分たちのペースにしてしまうか。どんな立ち上がりか気になるところでしたが、グルージャは非常にアグレッシブでした。
DSCN7090_R.JPG
鳥取のフェルナンジーニョ選手#10にボールが渡るととてもやっかい。しかし、今日は落ち着いていて1人、2人と徹底的にマークして自由にさせない。フェルおじさんは芝に足をとられる場面あり、ファウルをとってもらえないなど、相当「イライラ」が蓄積しているようです。で、シュートやパスの精度も低下...。昨年はフェルおじさんに気をとられ、中山仁斗選手(現レノファ山口FC)にズドン!とやられていましたが...。今日のフェルおじさんほぼ単騎。たまにヒヤッとする場面もあるけどよく集中して対応している。そうは言っても前半は0-0で終了。
後半、より前への圧力を強めてチャンスが増えるが...決まらない、決めきれない。こういう時、カウンター1発でやられるシーンがチラリと脳裏を...これヤバいんじゃね?とジリジリしてきた後半23分、セットプレーの位置取りなのか、左サイドの井上丈選手#20が中央へ。つなぎのパスか?と思いきやシュートコースが開いていた。うまくドライブがかかって、ゴーーーーール!
DSCN7102._2JPG_R.jpg
丈くんJリーグ初得点!メインスタンド前の歓喜。これでなおも押せ押せムード。
後半36分、林勇介選手#14のFKを谷口堅三選手#11がポストプレーで落としたところに牛之濱拓選手#6が走り込む。
DSCN7127_2_R.JPG
DSCN7130_2_R.JPG
ゴーーーーール!追加点!
DSCN7131_2_R.JPG
全員、オフサイドを確認。
DSCN7132_2_R.JPG
拓、ガッツポーズ!
あ、2点差は...。しかし今日の鳥取は追撃の余力はなかったみたいです。グルージャはこの後、3人のメンバー交代を行いタイムアップ、2勝目、暫定ながら最下位脱出に成功!DSCN7143_R.JPGDSCN7149_R.JPG
「鶴の恩返しタイム」ではドディーと拓のロボットダンス(笑)2勝目で浮かれては上位陣に笑われますが、勝った時は素直に喜びましょう。
DSCN7153_R.JPG
DSCN7156_R.JPG
次節はアウェイ、カターレ富山戦。ここで勝ってこそ「ホンモノ」ですね。
応援しましょう。
(しゅう)

1