チイキーズTOP > スタッフブログ

 スタッフブログ

グルージャ盛岡2016応援日記5 2016明治安田生命J3リーグ第8節 グルージャ盛岡VS鹿児島ユナイテッドFC

しゅうです。
DSCN6676_R.JPG
GWの最終日、相変わらずいわぎんスタジアムは風が強い。でも晴れた。今シーズン未勝利のグルージャ、今節の相手は今シーズンからJ3参入の鹿児島ユナイテッドFC。しっかり守ってカウンターという戦い方ですでに3勝を上げている(グルージャも参入1年目は...)
DSCN6672_R.JPG
グルージャ横丁(スタジアムのコンコース)には、不来方高校の芸術学系美術・工芸コースの生徒さんの作品を展示、おお似てる!
さて、
前節は、藤枝MYFCに対しアウェイで2点リードを守り切れず、2-3の逆転負け...。2点リードは危険な...とはよく言ったもんで、悲しいです。守備をどう修正してくるか、でしたが...。
・前半28分、角度のないところからシュートを打たれ、これが決まるんだぁ。0-1。
・後半3分、牛之濱拓選手#6の2試合連続弾で1-1。
・後半33分、待ってました谷口堅三選手#11の逆転ゴール、2-1。ケーンゾー、オオオ、オオ!
しかし喜びも束の間でした。
・後半36分、40分と鹿児島に決められ再逆転される。はぁぁぁー???悪夢です。
試合終了、2-3。またも勝利の勝ち点3はお預けでした。
DSCN6701_R.JPG
DSCN6705_R.JPG
逆転後、守備固めをしろとは言いませんが、あきらかに疲れているような選手が。そこのケアと、トップ下あたりから前に飛び出すような選手を2枚替えで起用していたらなぁ。相手の3点目は褒めるしかないですが、少しでも寄せていればね。
ああ、たら・ればばっかり、いかんいかん。これで0勝6敗2分の勝ち点2、次節仮に勝ってもポンポンと順位が上がる勝ち点差ではなくなりました。沈んでいます。しかし「1」でも積み重ねていかなければいけません。点はとれてます、最終ラインからの組み立てにギクシャク感はありますが、つながるようになって来ました。勝負ですから勝ちも負けもある!シュートが決まって、みんなで喜んで、決められて落ち込んで...。落差が激しいですが(笑)これが生で観戦の醍醐味。応援しましょう。
4月末で高瀬証選手が退団しました。グルージャのスピードスター、わくわくしましたね。新しいチームでもがんばってほしいです。
DSCN0376_R.JPG
東北社会人リーグ1部第17節 対秋田FCカンビアーレ戦(2013年10月6日)
DSCN0818_R.JPG
地域リーグ決勝大会決勝ラウンド第3戦 対FC KAGOSHIMA戦(2013年11月24日) 堅三選手もいます。
DSCN0834_R.JPG
地域リーグ決勝大会優勝 表彰式(2013年11月24日) 試合中のアクシデントで眼帯をしています。
DSCN0928_R.JPG
2013年ファン感(2013年12月8日)
DSCN4518_R.JPG
2014明治安田生命J3リーグ第30節 対ブラウブリッツ秋田戦 2ゴールの活躍で、ゴール裏にごあいさつ(2014年11月2日)
IMGP7432_R.JPG
2015明治安田生命J3リーグ第30節 対ブラウブリッツ秋田戦(2015年9月23日)
IMG_20131225_192909_R.jpg
たーかせあきら、おー、た・か・せ・あ・き・ら、たーかせあきら、グルージャNo.9!またどこかで!

(しゅう)

【ご紹介】「3・11私のアーカイブ 東日本大震災から一年の記録」

タイトルは、「3・11私のアーカイブ 東日本大震災から一年の記録」

著者は岩手県職員として農業の発展に尽力された古川勉さん。

2011年3月11日に発生した東日本大震災。古川さんは被災地である大船渡で農業の復興に向け、三年間活動してきた。その中でも、震災からの一年間の活動を日記に基づき、綴っています。

古川さんが本を作成しようと思ったきっかけは、震災から五年を迎える今年、定年退職を迎える前に自らが大船渡での三年間の活動とはなんだったのかという気持ちが湧き上がり、日記を読み返した時でした。

今だからこそ感じる気持ちがあり、何ができるか考えた結果、本という形で残し、未来に伝えることで、後世に少しでも役立てばと感じたそうです。また、本の収益は著者の寄付金と合わせて東日本大震災津波で被災された地区の農業復興のために寄附することで、少しでも復興の手助けになればとおっしゃっていました。

五年を迎え、色々な形でこの震災を後世に伝えようとする活動を耳にします。

私も震災当時津波を目の当たりにし、夢なのではないかと愕然としました。その経験を語り継ぐ使命が私にもあると改めて感じました。

基本的には書店販売はせず、岩手県庁生活協同組合さんや古川さんへご連絡いただく形で販売をするようです。

詳細は以下になりますので、ぜひご連絡いただき、購入いただければと思います。

「3・11私のアーカイブ 東日本大震災から一年の記録」

【判  型】A5判 286ページ
【定  価】1,500円+税
※著者直接購入の場合は税がかかりません。
自宅郵送は別途1冊300円かかります。
2冊一括郵送360円、3〜4冊一括郵送510円
【お支払い】指定振込用紙による郵便局口座への入金(手数料130円)
【お問合せ】
携帯:090-7076-5836
E-mail :t-furukawa@pref.iwate.jp
おはがきでも承ります
〒025-0015 岩手県花巻市東十二丁目11-46

休業のご案内

いつもチイキーズをご利用いただきありがとうございます。
誠に勝手ながら、チイキーズ(川口印刷工業)は下記の期間、お客様からのお問い合わせ、店舗情報の掲載、及び更新をお休みさせていただきます。

2016年5月2日(月)〜 5月5日(木・祝) まで

皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解くださいますようよろしくお願い申し上げます。

なお、サイト全体の閲覧は、通常通りアクセス可能ですので、是非チイキーズをご利用ください。


【休業期間中、停止するサービス】
・店舗情報更新
・店舗情報掲載
・各コンテンツ更新
・チイキーズへの電話のお問い合わせ
・チイキーズへのメールでのお問い合わせに対する返信(返信は、5/6(金)以降になります)

【アクセス可能なサービス】
・トップページを含むサイト全体

グルージャ盛岡2016応援日記4 2016明治安田生命J3リーグ第6節 グルージャ盛岡VSブラウブリッツ秋田

しゅうです。
好天に恵まれたいわぎんスタジアム。グルージャ、そろそろ勝利=勝ち点3、お願いしますよ。しかし、今節の対戦相手は開幕から「負けなし」で現在2位のブラウブリッツ秋田、北東北ダービーです。
DSCN6573_R.JPGDSCN6576_R.JPG
DSCN6571_R.JPG
ピッチ外でも、サポーター同士のガチンコ対決が!(あくまでも、イベントです。早喰いの 笑)ノリの良い秋田サポさんありがとう!
DSCN6577_R.JPG
秋田のキックオフでスタート。開始早々から、秋田が積極的に攻めてくる。開始1、2分でもう秋田のペース。グルージャ、球際で負けない、出足で負けない...ダメでしたね。秋田にボールを奪われ、秋田の左サイド呉大陸選手♯9を徹底的に使って仕掛けてくる。しかしGK土井康平キャプテン♯1をはじめとする守備陣も踏ん張り前半は0-0で終了。しかしグルージャ、シュート0本...おいおい。
後半はじまるも、どうも噛み合わない。そんな後半11分に失点!むこう側のゴールでの出来事なのでよく分からなかったのですが、土井キャプテンがかき出してセーブした?ように見えましたが、ボールはゴールラインを越えていたようです。
しかしグルージャ、ここでやっとスイッチが入ったようです。しだいにボールが回るようになり、立て続けにCKのチャンス。後半23分、林勇介選手♯14のCKに合わせた畑本時央選手♯4渾身のヘッドは、一度はブロックされるものの、跳ね返りを梅内和磨選手♯17が正面から頭で押し込んで同点!
DSCN6589_R.JPG
この後攻め続けますが、結局追加点を奪えず1-1で引き分け、勝ち点1を加えましたが、0勝4敗2分の勝ち点2の16位に沈んでおります。FC東京U-23がガイナーレ鳥取(ここも15位と、ある意味ヤバイ)に勝ったため未勝利はグルージャと鳥取。いまだにナゾの「鶴の恩返し」とは?
DSCN6603_R.JPG
神川明彦監督、待ってるよー、まず1勝!
しかし、天気が良くても入場者数1,076人...。自分も家族や友人と誘い合って観戦するよう、「布教活動」にもっとチカラを入れなきゃなぁと思いますが...。
これは、選手にも負担になると思うのでどうかな?と思いますが、以前は選手がビラまきしてましたよね。効果が少なかったから今はやらないのかわかりませんが...(六魂祭のとき、高瀬証選手♯9からチラシもらったゾ)
次節は、アウェイの藤枝MYFC戦。ホームはその次、第8節鹿児島ユナイテッドFC戦、楽な相手なんていません。
自信持ってシュート打っていいんじゃないですか?
応援しましょう。
(しゅう)

グルージャ盛岡2016応援日記3 2016明治安田生命J3リーグ第5節 グルージャ盛岡VS FC琉球

しゅうです。
この度の九州地方、熊本・大分での地震で亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された方々にお見舞い申し上げます。
DSCN6472_R.JPG
今節はFC琉球戦。監督が替わり、選手も半数以上入れ替わり昨年までとは別のチームに(グルージャもそうなんですが)
前節、SC相模原にシュート22本を浴びせながら(浴びたのではない!)、0-0で勝ち点1。今シーズンの「初」勝ち点を喜び、無失点で抑えたことを喜び...。レビューによると一番出来が良かったとのこと。上げてきてますね、ホーム戦相手は首位の琉球ながらどこまでやれるか期待が高まります。
DSCN6470_R.JPG
今節は「Jリーグ女子マネージャー」の佐藤美希さんがご来場。選手とともに募金活動に参加されたり(もちろん、募金しましたよ。今できることはこれくらいなんで)、試合前ゴール裏にあいさつに来てくれましたよ。おおいに盛り上がる予定でしたが、あいにくの雨、風...(岩手日報さんにも全面広告が出たのに)
DSCN6475_R.JPG
試合開始前、黙とうがささげられます。
DSCN6477_R.JPG
コイントスの結果、いつもと逆のゴールでキックオフ。
なんと開始2分、左からのCKに走り込んできた久保海都選手♯2のヘッドが決まる!
ゴーーーーーール!目の前で待望のゴール。ゴール裏ハイタッチの嵐で大騒ぎ!
相手の連携ミスから得たCKをものにしたということで、幸先良いゲームの入り。相手もあわてて...と思いきや、さすが首位、いまの琉球は動じません。あまりにも早々のゴールだったので、グルージャも時間をかけながらじっくり攻めるとも行かず、応援席は「イケるぜ!」だし(反省...)、追加点が奪えないまま前半も終わろうとする時間、琉球同点!反対側のゴールなので遠くてよく分からなかったのですが、右サイドから琉球・田中恵太選手♯7の思い切りのいいグラウンダーのシュートが決まってしまいました。鮮やか過ぎ...。
切り替えて後半だ。風は強いものの雨も止みました。頼むぞ!勝ち点3だ!
しかし、後半11分、35分に失点...。ああ、注意・確認不足だ。3点目は、オフサイドか?(でも、線審の旗は上がらず...)というような絶妙のタイミングで田中選手に抜け出された失点。ちょっと集中切れてた?前線に意識が行ってた?ま、田中選手をほめるべきですね。笛が鳴るまでプレーオンですから。しかし、わざわざコーナーに集まって祝福しなくても...くやしい!
この後、高橋悠馬選手♯18を投入し、牛之濱拓選手♯6が1点返したところまで。1点差まで迫りましたが残念ながら2-3の「逆転負け」、最下位争いのFC東京U-23が引き分けたため、また最下位へ。勝ち点3だとジャンプアップのチャンスだったのになぁ。試合が終わるころにはまた雨、風ともに強くなり、ハーフタイムに合羽も脱いでいたのでずぶ濡れ...。
DSCN6487_R.JPG
セットプレー絡みでの失点の場面は、徹底的に意識を高めてほしいですが、サイドを使って攻めて、最後1点を返したという結果は、今後に期待。
悪天候ということもあり、入場者数486人...。東北リーグ時代を思い出す数字です。次節はこちらも好調なブラウブリッツ秋田戦。ホームですよ、勝ちましょう!
ガンバ大阪のホームスタジアムには、「勝て勝て勝て勝て、ホームやぞ」という段幕がスタンドに出ていたなぁ。これは率直な気持ちです。
応援しましょう。
スタグルも「食べて応援」しますから、がんばって出店してくださいね?。
秋田サポさんいっぱい来ますよ♪
(しゅう)

アーカイブ