【重要】「チイキーズ」サービス終了のお知らせ

チイキーズTOP > いわてのイベント情報 > 学術イベント

いわての学術イベント情報

12/23(日)
【盛岡市】

『県博日曜講座「洪水について考える~水害・ダム・地層~」』

岩手県立博物館学芸員等が岩手の文化や歴史、自然について解説します。今回は、「北上川水源地域セミナー」を兼ねての開催です。

講座
【開催中】
11/2(金)
12/28(金)
【遠野市】

『遠野市立博物館 企画展「厠・便所・トイレ」』

~遠野のトイレの歴史~
皆さんの生活に欠かせないトイレ。そのトイレの歴史を知らない人は実は多いのでは? 素朴なトイレが如何に人間の生活に密着して発展していったのか、トイレの移り変わりとは…など、今回の遠野市立博物館の企画展、実に興味深い。 ご来場お待ちしております。

アート・クラフト・文化
【開催中】
10/20(土)
1/14(月)
【盛岡市】

『原敬記念館 第60回企画展「原敬記念館誕生物語」』

原敬記念館は昭和33年(1958)10月20日に開館、今年で開館60年です。今回の企画展は、記念館建設までの経緯、建設に尽力した人々を中心に、開館から現在に至る記念館の歩みなども紹介。当館にしかない開館にまつわる貴重な資料も公開します。

学術
【開催中】
9/19(水)
1/16(水)
【八幡平市】

『八幡平市博物館 企画展「飢饉を生きる」』

江戸時代の天保・天明・宝暦に発生した大飢饉は、八幡平市においても例外ではありませんでした。企画展では、当時の人々はどのように乗り越えていったのか、古文書などの資料を展示してご紹介します。
・学芸員が解説付きでご案内するギャラリートーク…10/21、12/9、14:00~14:30

学術
【開催中】
10/6(土)
1/20(日)
【盛岡市】

『盛岡市遺跡の学び館 第16回企画展「繫遺跡」』

国重要文化財指定30周年
盛岡市の奥座敷・つなぎ温泉郷には縄文の太古より人々の営みがありました。この企画展では国指定重要文化財「深鉢形土器」7個体など、発掘調査で出土した貴重な資料を展示します。
・期間中の関連事業
【講演会】「北東北縄文中期の土器」11/11(日)13:30~15:30
講師:小保内裕之氏(八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館 参事)
【学芸講座】「発掘された繫遺跡」10/21(日)13:30~15:00
講師:遺跡の学び館職員

学術
【開催中】
12/1(土)
2/11(月)
【盛岡市】

『もりおか歴史文化館 企画展「器百様」』

~土器と食器と鉄器と武器と~
「器」を含む単語を考えてみると、容器、武器、楽器、食器、火器、機器、凶器、土器、鉄器、石器など実に多彩で、枚挙に暇がなく、「器」という短い言葉の中には、実に多様な意味が含まれています。本展では、多種多様な「器」の姿を通して、その「器」を取り巻く人々と、彼らが生きた時代にスポットを当てます。「入れ物」だけでも、「焼き物」や「漆器」だけでもない、まさに百様の姿を持つ「器」をご覧ください。

アート・クラフト・文化
【開催中】
12/15(土)
2/24(日)
【盛岡市】

『岩手県立博物館 新・収蔵資料展』

~平成25(2013)年度からの新コレクション~
博物館の命は資料で、その多くは寄贈していただいたものです。地質・考古・歴史・民俗・生物全分野の、5年間に増えた県民の財産をお披露目します。

学術
【開催中】
12/15(土)
3/3(日)
【奥州市】

『えさし郷土文化館 企画展「古文書あれこれ」』

現代に伝わるおおむね江戸時代頃までの書類は「古文書」と呼ばれ、借用証文や売買証文、年貢の受取状や人別改帳など多岐におよび、書式、名前の書き方、印の押し方、紙の大きさや種類などにも重要な意味がありました。このように江戸時代は支配・役職・生活・文化において実に多くの書類が用いられてきました。本展では武家や民衆のそれぞれの社会を垣間見られる古文書を介して、江戸時代を中心とした地域を概観します。

学術
  • 1
  • 日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」東北「道の駅」公式マガジンmichi-co
  • 彼是堂 北東北のアレコレ作ります

チイキのたね

おすすめコンテンツ

カテゴリ別おすすめ店舗

いわてのくらしリンク